上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.01 1年目診察
今日は、待ちに待った術後1年目診察の日。



いつものクリニックではなく、手術をしたT総合病院のM先生の受診日です。
今回は診察と定期検査(CT、採血、マンモ)の予定。
今月の10日でまる1年。久々なので妙に緊張してしまいます。
本当にいつも緊張してあまり話せないのですよ。それに、患者会
でもみなさんの話題になるくらい「外来ではあっさり診察」のM先生
なので、なおそうなります。


名前を呼ばれて診察室へ。
久しぶりのM先生。

変わりがなかったか話をした後、触診です。
M先生は触診はいつもとても丁寧です。紹介されたクリニックの先生もちゃんと
触ってくださいますが、やっぱり腋、鎖骨上部、両胸と本当にしっかり
きちんど診察してもらえるので、これだけで私は安心できます。
「うん、大丈夫だね。」
その一言が聞きたかったんですよね。


今日は採血と右乳房のマンモをして、次回CTと診察の予定だそうです。



レントゲン室でマンモの後、中央処置室で採血なんですが・・・。


私の血管は左手はあまり出てないのですが、右手は腕の真ん中のあたりの
血管がよく出るので、いつもそこで採血してもらいます。
なので今回も右手を出したのです。が・・・・・、
ゴムで駆血するんですが、緩い。「いいのかなあ~」思いながらも黙って
ました。
そして、「ちょっとチクンとしますよ」と刺す予定の場所の上に手を置いたまま
ホルダー付きの針を刺されました。「手の位置、そこでいいの?」
普通、刺す時に狙う血管の下の皮膚をちょっと引いて安定させるんですが・・。
私のやり方と違うのでちょっとアレッと思いましたが仕方ない。

真空の生化学用試験管をホルダーに刺し込んで採血するんですけど、
やっぱり出が悪い。時間がかかってる。その後血算用の小さい試験管に
交換したら、今度は全く血が出てこない。「はあ~、やっぱし・・・」

血が出てないのもなかなか気づいてないみたいでした。少し動かして
なんとかちょろっと血液が溜まってたみたいでそれで検査に提出したようです。
「しっかりやってね。大事な検査なんだから・・・。」心で思いながらも
お礼を言って部屋を出ました。
今度は左手出してみようかなあ、などと意地悪な事をついつい考えてしまい
ましたけど、次回は別の看護師さんかもしれないのにね。

失敗されてもいいのだけど、でも、手技はきちんとしていただきたいです。
ちょっと疲れました。

今度はCT、なんだかちょっと心配になってくるのは仕方ないのですね。
今から緊張してます。



ところで、私がお守りをあげた知人なんですが、術後、術前診断よりは悪く出て
ちょっと落ち込んでましたが、その後の詳細な検査の結果、放射線治療と
ホルモン療法で治療していく事になったようです。
しばらくはなかなか状況が受け入れられず大変だったようですが、現在は
復職して頑張ってます。

彼女に笑顔が戻ったのがなによりうれしいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/85-16416322

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。