上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.10 患者会にて

最近旦那さんにこんな事を言われました。

「この頃暖かくなって薄着になるのもいいんだけど、
胸なんだけど、時々左右のバランスが悪いときがあるんだよね。
周りの人は気づいても言えないと思うから、気をつけた方がいいよ。」


あはは~、気づかなかったわ~
私、胸の補整にリマンマを使ってるのですが、それを買ったのが手術の直後。
その後、少し痩せたのと使い込んだので、左側がどうもずり上がるらしい


時々、ずり下げるようにしてるんですけど、これからはもっと気をつけたいと
思います、暖かくなって首周りも広い洋服を着たいので、胸元広めの新しいブラに
しようかなあ。



ところで、先日、T総合病院の乳がん患者の患者会に参加してきました。
現在はフォローアップのクリニックに通院してるので、時々参加して
話をしにいきたいと思ってはいるんですが、かなかな行けなくて今年初めての
参加。

今回はみんなでいろいろ話しをする日で、認定看護師さんも同席されてました。
各自自己紹介して、その後日頃心配事や思ってることを語り合います。
必要なら認定看護師さんがアドバイスをくださったりもします。

今回は術前の説明のことで要望をだされた方がいて、その話でかなり盛り上がり
ました。T総合病院では乳がんの手術の前に、主治医のM先生の説明の他、認定看護師
さんとの面談を受けることもできます。私は仕事の都合で認定看護師さんには会わな
かったのですが、必要があればかなり深く対応してもらえるようです。
今思うと面談しておけばよかったなあ~。もっと気持ちが楽になったかも・・・。 

認定看護師さんもなるべく患者の不安や疑問に答えていこうと頑張ってらっしゃる
ようですが、術前の「癌」で頭が一杯になってる患者はなかなか医療者が思ってる
ほどの理解が出来ないようで、そのあたりで術後、実際の姿の変化に戸惑っている
患者もいるらしい。
医療従事者は専門なのでわかって話してますが、患者さんは初めて聞くことばかり。
強い不安感の中、それがどこまで理解されたのかは、なかなか判断できませんよね。

私はどちらの気持ちもわかるので、複雑な思いで聴いていました。

ただ、今回認定看護師さんから主治医のM先生の診療に対する気持ちや、
認定看護師さんの乳がん患者さんへの気持ちと努力がとてもよくわかり
参加してよかったと思いました。
認定看護師さんは、認定看護師外来の他、時間があればそれ以外でも
不安をもつ患者の対応をしておられるということ、驚きました。
中にはとても頼りにしてる患者さんがいて、何度も何度も相談にのって
もらってると話しておられたし・・・・。

お陰さまで特に問題もない私ですが、近くに力強い見方がいること
にとても感激しました。私とっては認定看護師さんはちょっと遠い
存在で予約時だけしか相談にのってもらえないのだと思ってましたから。
でも、みんなそうなんじゃないかな。なかなか気軽に相談ってできない
ですよね。



もっと術前術後、不安なく安心して治療が受けられるような世の中になれば
いいですね。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/74-8f90cc30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。