上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.25 紹介医選び
紹介されたクリニックに受診して、タスオミンから同じタモキシフェンのアドパンを
内服するようになって10日たちました。
体調は変わりはないと思いますが、なんとなく目が以前よりシバシバしてるような
気もしたりして・・・。気のせいなのかもしれませんが、仕事中でも自覚するくらい
です。とにかく見づらい。そのうち慣れるのかなと思いながら生活してます。



紹介先は私の住所からT総合病院の主治医のM先生がリストアップしてくださった中から
私が選んだクリニックです。
他に中堅病院もリストにあってその2箇所で迷ってました。当日、「どうする?」と
聞かれましたが保留。M先生にしたら「9月の講演会で話してたのに考えてなかった?」
って感じだったのかもしれませんが、いつ自分に声がかかるのかわからないので考えて
なかったのが正直なところ。

でも、リストアップされててもクリニックや病院の詳細までは説明はもちろんなく、結局
自分で調べて選ばなくてはなりませんでした。

各医療機関の担当医や診察時間、休診日などをチェック。
中堅病院の方は乳腺外来の診療時間が、私の生活ではやや無理であることが判明。
クリニックの方は、うちの地方にしては珍しく乳腺外来の看板を上げておられる
先生。診療時間も仕事をしている私に合ってる。


やはり自分の体の事。状態が落ちついてるから紹介されるんですが、だからと言って
やっぱりどこでもいいってわけではありません。5年10年、診察していただく
先生ですから、やはり自分にとっていい先生を選びたいですよね。

でも、PCでは医師がどんな人かまではわかりませんから、時間とかそんなところで
しか判断基準がないのが正直なところです。風邪ででも一度かかっておけばよかった
のかなあ。身近に受診した人もいないし・・・・。


他に私の勤務先のクリニックに紹介してもらうことでももたぶんよかったのでしょうが、
私が乳がんになった時の対応で乳腺のことはあまり勉強されてない感じがしたので
無理にでも紹介してもらう事はやめました。(先生ゴメンナサイ)


ただ、院内処方までは考えなかったなあ~。
開業医ではたくさんの在庫を抱えないだろうし、薬価の低い薬を置いててもおかしく
はありませんから、最初からっ薬の選択できないことは予想できたはずです。

でも、だからといってそこ以外の医療機関も思いつかないし、乳腺外来なんてそんな
にないし、どうにもならなかったんですがね。
でも、本心はジェネリックでも選びたかったというか、今までの薬で継続したかったです。


それに、そこで見つけてもらった癌ならもっと親近感があったのでしょうが、先生にとっては
よそで見つけてよそで手術した患者ですから、始めの一歩から始めなくてはなりませんね。


患者になったということはエネルギーのいることですね。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/48-55ec361c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。