上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか毎回うじうじした文章ですいません。
でも、こんな心に溜まったものを吐き出したくてブログを始めたので、すいません
しばらくお付き合いお願いしますね。


健診して精密検査を受けたのが1週間後でした。
お昼を抜いて午後14時からの検査。MRIが最初。

今まで仕事で検査の説明をしたり「大丈夫ですよ」と患者さんを励ましたりしてきた
私ですが、さすがにMRIを受けるのは初めて!。造影剤を体に使うのも初めてで正直
超緊張しました。検査前に看護師さんに多弁だったと思います。笑って対応してもらい
本当に助かりましたね。ただ、検査中はガンガンゴンゴン、キュイーン等の音がキツイ
のと、検査がどこまで進んでいるのか全く掴めないのでとても長く感じました。
心配した造影剤は全く体に違和感を感じることなく検査を終了できました。

MRIの次がマンモトーム、これが一番大事な病理検査です。
針を刺されるのはわかってましたが、寝台にうつぶせに寝てのマンモグラフィー。
寝台に穴が開いていて、検査する側の乳房を入れます。
その状態で病理組織をとるなんて、いろんな検査があるものですね。
私が健診を受けた女性クリニックは人気の施設で、設備も最新機材がそろってます。
先生も若い女医さんですが、しっかり対応してくださって安心して検査を受ける
事ができました。診察室であまり笑わない先生でしたが、検査中はスタッフと
コミニュケーションも良好で、私も不安を感じることはなかったです。

検査中は麻酔が痛かった程度で体位以外は苦痛はありませんでした。
30分ぐらいかかったのでしょうが、しばらく創部を先生に圧迫してもらった後
バストバンドをして個室へ移動。30分床上安静で休みます。

私が休んでいた個室には、ウイッグの情報などが壁に貼ってあり、たぶん
抗がん剤の治療用の部屋なのではないかと思われました。
なんか複雑な気分で寝ておりましたが、そこまでしても自分が癌かもしれないと
は考えてなかった思います、というか考えたくなかったのだと思います。

創部の異常がない事を確認し、数日こ注意事項が看護師から説明を受けて帰宅。
結果は1週間後。長いようで短い1週間でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/3-1d156656

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。