上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日通院日でした。

そうです、4回目のフェソロデックスの注射の日。


今回は早めに受け付けをしたら珍しく早く呼ばれてびっくり。
でも注射に時間がかかるので遅いよりも早いほうがいいに決まってますよね。

いつも通りに診察。
今回思ったんですけど、こんな状態になってから触診がなくなった。今まであんなに
丁寧に触診してくれてたのに・・・。なぜだあ?。


私には局所再発の心配はないと思ってる?。でも反対側もってこともあるのに~。
そんなことはないだろうけど、でも触ってもらってないのは事実。

でも、言えないんですよ、これが。
変わりないのでいいですけど。


診察を終えたら今度は処置室で注射です。

前回と同じ看護師さん。3度目。
手順もいいので安心できる方です。

私、この病院の隣接してた看護学校卒だったのです。もちろんこの病院が実習病院。
公的な病院だからか、昔の看護師さんはなんとなく、全部とは言わないけど横柄な
感じがしてた。学生にもきついスタッフ多かったけど、今はこのご時世、変わりましたね。

入院中に「ん?」な対応の方もいましたけど、昔からみたら本当に対応がよっくなってる気が
してます。

建物が新しくなってスタッフも変わったってことなのかな。



3回目だということは記憶されてるかはわかりませんけど、でも私は安心できます。
準備して右のおしりから注射してもらうんですけど、今回もいろいろ話ます。
筋注としては注入量の多い薬剤ですし、高額なので感じた事知ってほしいし
今後の看護に役立ててほしい!。

今回は日常生活で感じることを話しました。注射してそのあとの生活で感じること。
時も左が痛く感じるのはどうしてか尋ねてみた。

どうも私、右のおしりはすんなり注入できて支障はないみたいですが、左はなぜか
すぐ固くなって入りにくいらしい。「理由はわからないですが、そういう感じがしますよ。」
との答えでした。ちょっとびっくりでした。次回もそうなのかチェックだな。

でも、私のようなぽっちゃりなおしりは刺しやすくていいとのこと。ふつうの筋駐でさえ
痩せてお肉のないおしりには注射しにくいですもの、この量ならなをさら。それに高額
だから大変だろうなあ。

注射が終わって衣服を直しながら「長々話してしまってすいませんね。」って言ったら
「いえいえ色々参考にさせてもらってます。」との声。

うん、そうそう。あなたはエライ。

私だけの症状かもしれないけど、もしかしたら何か関連性もあるかもしれないし。
これから探究して私たちの参考になるようアドバイスお願いします。



今回は同じ主治医の知人の女性が同じ予約日だったみたいで、会計も楽しく話ながら
待つことができました。

彼女は今のところ安定してるみたいで、よかった。
病気になった時の顔はなんとも言えなかったけど、今の笑顔がうれしい。

これからも笑顔で過ごせたらいいけど、来月は採血とCTの予定。

うわあ~、今から緊張です。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/254-b5e1dd1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。