上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.04 診察日


今日はT総合病院のM先生の外来受診日でした。


こういう状況になってから診察日はかなり緊張するようになってしまい
ました。これ以上何かあったらどうしよう・・・。そんな言葉がどうしても
頭からはなれなくなってしまうんです。



潔く生きよう。

そう思える時もあるんですが、病院へ来るとどうしても不安感が強くなって
しまい私を苦しめます。


今日は特に指示もなかったので、再診だけの予定。
乳がん認定看護師さんの話だと次の診察には検査が付いてくるらしい。


いつもどおり病院の受付をしたら、外科外来の診察予約の下に何かかいてあります。
予約表にはそれ以外書いてなかったのでよく見ると「乳腺相談外来」とある。

うん?。今回は予約してなかったはず・・・・。


診察の後に受付で聞いてみることにして2階の外科外来に向かいました。


診察はやはり触診と問診のみ。
「(からだの)表面の方は異常ないですね」
そういう表現するんだね、先生。確かに手術部位と健側の乳房は異常ない
ですから。ちょっと苦笑い。

今日のところは異常はみられず、やはり次回造影CT検査と採血の指示が
出ました。その結果を見て治療方針を決める予定です。
あー次回はきっと心臓バクバクになるだろうなあ。今から心配になる私。


造影剤を使うので看護師さんから承諾書とアンケート用紙の
記入のために別室に呼ばれ説明を受けた後、乳腺相談外来の事を話したら
認定看護師さんに確認を入れてくださいました。

どうも、前回の一件でかなり不安な状態だった私を心配して入れてくださって
たようです。
ありがたいけれど、今はあの時よりも精神状態がいいので面談はお断り
する事にしたんですが・・・。

外科外来を出ようとしたらなんと認定看護師さんが待っててくれて
びっくり。私かなり不安な顔してたんだと再認識してしまいました。
スイマセン。そしてありがとうございます。


気を使ってもらった御礼をし、現在の状況を話しました。
そんな話をしていると、思いがまた溢れてきます。

とにかく大丈夫だから、仕事もできるし諦めないで!。

ちからになるお言葉をいただき、別れて精算に向かう頃には涙目になって
ました・・・。


不安がなくなったわけではありませんが、でも気持ちは前向きに軌道修正。
ただ検査結果次第では早めに退職しなくてはいけなくなるかもしれないので
そんな話を雇用主としなくてはならないのがちょっと憂鬱なんです。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/229-dba2317a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。