上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.12 術後3年診察


今日はT総合病院での出後3年目診察日でした。


予約は14時。
いつも30分前に受付をすると14時前に余裕で終わるので、今回も13時半ごろ
受付を済ませ2階の外科外来に向かいます。

いつもなら、待合室はガラガラなのに今日は以外と人がいてちょっとびっくり。
この時間に待ってる女性は殆どがM先生の外来にきている人。「わあ~、もっと
早く受付しておけばよかったあ~」と思っても後の祭り。
本を読みながら待っていましたが、14時を軽く過ぎてしまいました。


久々のM先生にちょっと緊張しましたが、いつものようにきちんと診察してもらい
ました。触診は異常ないので一安心。
特別変わった事もないのですが、左腋のちょっと上にぐりぐりがあったので相談。
問題視する場所ではないとの事で安心しました。ちょっとの事でもこんな場所に
あったら気になりますもん。もしかしたら・・・、どうしても思ってしまいます
から。


診察の後、右胸のマンモと採血を受けて終了なんですが・・・。


今回のマンモはなんだかいつもと違ってしっくり胸が合わなくて、横に挟む
撮影で取り直しされてしまいました。今まで何度も受けてる検査なんですが、
こんなにうまくセットできないのも初めて。女性の若い技師さん、気の毒な
くらい私の胸を台に乗せてました。

「ちっちゃいからやり憎いでしょう?」と言うと
「男性のマンモもやりますから(大丈夫です)」と技師さん。あはは・・・。

でも、今回は相性が悪かったみたいね。



それから近くの中央処置室で採血。
今回は30代のちょっと可愛い看護師さんでしたが

「マンモグラフィー痛くなかったですか?」と一番に声をかけられました。

私の横には女性の患者さん。この人も外来が一緒だったんで同じ主治医なんだと
思うんだけど、でも、ここで「マンモグラフィー」ってはっきり言わなくても
いいんじゃない?。カンのいい人なら私が何の病気なのかわかるじゃない。
ちょっとデリカシーにかけてますよね。
でもまあよく喋る。今までで一番お話好きの看護師さんかな。

ちょっと憤慨しましたが、そんなに沢山人がいるわけでないのでスルーしました。
採血は上手にしてくれてるからOKとしましょう。

お話のついでに
「マンモ、検診うけてますか?」
そのよく喋る看護師に質問してみました。

「いろんな病棟を回ってそこそこの病棟の患者さん見てるとその病気にならないか
心配になるんですけどね・・・。」

看護をしてる看護師が検診しない事ってよくあること。私もそうだったから。


「私もね、病気になるなんて思っても見なかったから驚いたよ。
最近は30代でも乳がんになる人増えてるみたいだから気をつけたらいいよ。」


採血を終えてその看護師は私の話を聞いて笑っていました。



病気になるって事は実際に自分の身に降りかからないとわからないですよね。
おしゃべりは上手でそこそこ仕事もこなせるみたいだけど、修行が足りないな。

な~んて自分の事は棚に上げてそんな事を思った私でした。





今回はいつもよりスムーズにいかない日でちょっと疲れました。
来月はCT撮影の後、まとめて検査の結果を聞きます。

いつもならドキドキして過ごすのですが、今回はそれ以外の心配ごとが
あるので忘れてすごせるかなあ。




ところで先月末にうちの旦那さんが朝顔の苗を飼ってきて裏庭の鉢に植えたんですが、
なんともう咲いたんですよ。

          robi 018



          robi 017

ぜんぜんツルも延びてないのにもう花を付けるなんてどうなってるんでしょう。
でも、お花が見られるのは嬉しいです。癒されますね。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumekanikki.blog136.fc2.com/tb.php/217-610ffc0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。